知っておきたい!育毛剤の効果

育毛剤は何のために使うの?

髪が薄くなる原因は一本一本の髪が細く短くなって、うまく成長しないことです。人の髪の毛は、成長期、休止期、退行期というサイクルを繰り返して生え変わっています。頭皮が傷んだり、毛母細胞に栄養が行き渡らないと、このサイクルが正常に進まなくなり、髪が十分に太く長く成長する前に抜け落ちてしまうのです。
育毛剤には様々なタイプのものがありますが、主な効果としては頭皮の血行を良くするもの、毛母細胞の活動を活性化させるものがあります。血行を良くすることで、髪にも十分な栄養が行き渡り、毛母細胞の働きを助けることでヘアサイクルを正常に戻していくのです。その他、ビタミンなどの栄養成分や保湿成分を配合したものなどがあります。

育毛剤と発毛剤ってどう違うの?

育毛剤も発毛剤もどちらも育毛効果、脱毛予防効果をうたっています。そのため、違いがわかりにくいのですが、育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品です。つまり、育毛剤はドラッグストアやネットなどでも手軽に買えますが、発毛剤は医師や薬剤師に処方してもらう必要があります。新しい髪の毛を生やす効果が認められているのは発毛剤です。初心者には育毛剤の方が手に入れやすいでしょう。効き目も穏やかな成分のものが多いので、試しに使って効果をみるには向いています。いずれにしても、いきなり髪がフサフサになる、というようなものではなく、徐々に頭皮や髪の質が改善して結果的に薄毛が改善していくものなので、長期戦のつもりで使いましょう。

© Copyright Choose Hair Tonic. All Rights Reserved.